QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2011年02月02日

田舎いろいろ

田舎の看板


小学生のころ夏の学校の帰り
このお家の裏の井戸の水を
みんなで頂いたものです。
冷たくて甘い水でした。
今は誰も住んでいません。
井戸はひっそりと佇んでいました。

おっちゃんの顔も
おばちゃんの顔もそのまま覚えています。

で、看板




よく見ると千葉県の会社の看板。
う〜ん、ワールドワイド!!







見よ!完璧なバス停看板!!


この家も今は誰も住んではいませんが
この家が建つ前の一昔前の家も
鮮明に覚えています。
奥で居座っていたばあちゃんの
暗闇で光る瞳は
まるで異次元でした。

同じカテゴリー(日記)の記事画像
小晦日
句集
初霜、初雪
同じカテゴリー(日記)の記事
 小晦日 (2016-12-30 17:17)
 句集 (2016-12-20 20:29)
 初霜、初雪 (2016-12-18 20:01)
この記事へのコメント

田舎はどんどん過疎化が進んでいきます。
それに比べ都市はどんどん人が増えてきて
水が足りない!水をくれ!と言ってきています。
ワタシは田舎に人をくれ!と言いたいです。
Posted by ねこ at 2011年02月03日 06:15

ワタシはその昔、「田舎暮らし」の本を軒並み立ち読みしてゐましたが、よくよく考へたら生れてこの方、住む場所こそ違へど、づ〜〜〜っと世間で言ふ田舎で暮らしてゐたんだとやっと気付きました。立読みのおかげです。(寛大な本屋さん、どうもありがとうございます。その御心が文化を育むのでございます)

で、ねこさん。こんなところに書き込みをしているバヤイですか!!
ヱ・ヒ・メ・マ・?・?・ン・・・・
次の日を考へて、どうぞ無理してまで完走して下さい。
Posted by めろ at 2011年02月03日 21:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。