QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2011年02月20日

濱田金吾さんのこと

1985年発表「ハートカクテル」
わたせせいぞうさんの同名連載のレコード版?かと思いましたが、
わたせせいぞうさんの物語のひとつひとつに遠いところでつながって
最終的に一つの物語になるというトータルアルバム的作りです。





1曲目の「クールハート」でいきなり劇の幕が開きます。
三連でマシンガンのように連なる歌詞に
抑揚の効いたメロディがあとを追うように続きます。
変拍子を随所に取り入れたアレンジは
アレンジャーの松下誠さんのこの当時の好みが色濃く反映しているのか?

2曲目「夜風のインフフォメーション」は打って変わってソフトなR&B。
フィラディルフィアのR&Bのエッセンスをふりかけ
ニューヨークの夜風に吹かれている感じ。
金吾さんのセンスの光る渋い佳曲だと思います。

B-2「GOOD-BYE,AGAIN」からB-3「昼下がりのセレクション」、
そしてアルバム最後の「東京Come & Gone」の
「過去」から「現在」、そしてまた「過去」へと静かに想いの流れていく様は、
タイプの違う曲とアレンジに支えられ、まったく違和感なく心に沈殿します。

こんな風にアルバム内で物語がどんどんゆっくり進行していって
琴線にびしびし触れ、心地よい疲労感と満足感に浸れるアルバムです。
なんにでも「ゆるやかな余韻」がないとね(^^♪

次の話の展開、メロディの飛翔をあれこれ想像して
次のアルバムがとても待ち遠しかった記憶が蘇ってきました。


松下誠さんのソロアルバム



こんなものも持ってたりして

同じカテゴリー(ミュージシャン)の記事画像
吉田美奈子さんライヴ 最終章
吉田美奈子さんライヴ!
ライヴに行ってきます!
同じカテゴリー(ミュージシャン)の記事
 吉田美奈子さんライヴ 最終章 (2013-06-09 18:47)
 吉田美奈子さんライヴ? (2013-06-03 22:06)
 吉田美奈子さんライヴ! (2013-06-02 20:49)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。