QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2011年02月20日

コウノトリ

捨てようかと思っていた昔のデジカメのメモリースティックを見てみると
こんなものが写っていました。
2008.12.3の画像





出始めのデジカメなので画像が悪いのですが
「コウノトリ」です。
雨の日の宇和盆地での一こまです。

この日の前のとある日
宇和盆地の道路を走っていると携帯がなりました。
すかさず路肩に車を停め携帯を耳に当てて窓の外を何気なく見ると
田んぼの中10m先に大型の鳥が立ってこちらを見ています。
「えっ???」にわかに理解できませんでした。
数秒遅れて頭が動き出しました。

あの容姿はどう見てもアオサギではない・・・・
ましてやタンチョウでもない・・・・
そういえばこのあたりにコウノトリが来ているという話を
聞いたことがあるぞ・・・・

灰色の脳の結論は「コウノトリ」でした!
鳥とずっと目が合っています。
「コウノトリさんこんにちは・・・」と思わず挨拶をしました。

カメラを取り出す思考が繋がった時にコウノトリは飛んでいきました・・・・
あらら・・・・


数日後、傷心のわたしの前にまた現れてくれました。
それも2羽です!
かなり遠かったのですが興奮しながらシャッターを切りました。
幸せなひと時をすごせました。

で、昔から不思議に思っていたことを今日突然思い出しました。


コサギ、アマサギ、アオサギ等のサギ類は首をたたんで飛びます。
飛びながら優雅に首をたたみます。
このとき、どういうメカニズム、順番で首をたたむのか?

つまり、頭に体が追いついてたたまれるのか?
それとも、飛ぶ勢いに逆らって身体に首がたたまれていくのか?
はたまた、ちょうどバランスよく中間をとっているのか?
そしてその時、脳はどういう信号を送ってそれを遂行するのか?

気になるのはわたしだけですか?

鶴の仲間は首を伸ばしたままで飛ぶので
そういう心配はしなくて済むのですが
今度は風圧に耐えうる首のメカニズムが気になってきます。

悩みは尽きない・・・・・

同じカテゴリー(日記)の記事画像
小晦日
句集
初霜、初雪
同じカテゴリー(日記)の記事
 小晦日 (2016-12-30 17:17)
 句集 (2016-12-20 20:29)
 初霜、初雪 (2016-12-18 20:01)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。