QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2011年03月10日

風立ちぬ

「風立ちぬ」1981年発表
「風立ちぬ」が大滝さんの作曲だという事は知っていました。
あのころ隆盛の歌番組のテロップの作曲者名に大瀧詠一の名がありましたから。
でもそれだけでした。
あまり好きな楽曲ではありませんでした。
あのころの歌番組の演奏は今みたいにカラオケではなくフルバンドでした。
(「ニューブリード」とか「♯&♭」とか)
大瀧さんのサウンドは特性上、生バンドでは表現しづらいところがあり
バンドの方々も苦労されたと思います。
それ以上に、大滝さんがよく許可をしたもんだと今になって思います。

で、「風立ちぬ」
このLPは、このころ仲間内で流行していた徹マンでのヘビーローテーションでした。
麻雀の場を提供してくれていた後輩の部屋にあったLPを
先輩の強引な特権でおよそ一晩中かけていたのです。
それもA面だけ。
徹マンメンバーの皆様方、本当にすみませんでした。

A面は全曲大滝さんの作曲、編曲で、ミュージシャンもいつものメンバー。
聴いて悪かろうはずはこれっぽちもありません。

1曲目の「冬の妖精」からK.Oです。
エヴァリーブラザースのイントロからいきなり入り
歌になると突如クリスタルズ、それもダーレンラヴを彷彿とさせるメロディ・・・
松田さんのヴォーカルもあの音圧に引けをとってはいません。
萌えないはずはこれっぽっちもございません。
(決して松田さんの大ファンではございません)

サウンドも当然大瀧サウンド!大瀧ワールド!
エンジニアの吉田保さんのエフェクターの匙加減と
ボリュームの絶妙なバランスは恍惚の世界です。

い、いかん!長くなりそうだ・・・・・


たらの芽はまだですか?

同じカテゴリー(ミュージシャン)の記事画像
吉田美奈子さんライヴ 最終章
吉田美奈子さんライヴ!
ライヴに行ってきます!
同じカテゴリー(ミュージシャン)の記事
 吉田美奈子さんライヴ 最終章 (2013-06-09 18:47)
 吉田美奈子さんライヴ? (2013-06-03 22:06)
 吉田美奈子さんライヴ! (2013-06-02 20:49)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。