QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2011年12月06日

飛びます

いやー、衝撃でした。
1966年発売、山崎ハコさんの「飛びます」

彼女16歳、私19歳の時のアルバム。



デビューの前年、「古井戸」が若手を発掘しようと
開催したコンテスト(?)の前座に出場して
古井戸、加奈崎氏に「こいつひょっとしてひょっとするぞ」
と言わしめた山崎ハコさんのデビューアルバム。

何が衝撃かって、
完成されたスタイルと
完成されたサウンドと
完成されたプロモーションにです。

アコースティックギターの音もいいし
ドラムの音もベースの音も
それに負けずに
ハコさんの声と歌い方が最高でした。

特にA-5の「サヨナラの鐘」の素晴らしさ。
今は亡き大村憲司さんの余韻のあるギター!
決して派手さはありませんが
押さえどころを押えて
余分なフレーズを弾かず
というか、音が極端に少ないんですが
音と音の間にちゃんと、出ていない音が聞こえ
曲の映像が浮かび上がるんです。
これにはシビれました。

ドラムもいい意味でコブシの効いたリズムです。

とにかく全曲こんな調子で
さらっと聞き流す曲が1曲も無いのです。
正直、疲れるアルバムです。
アルバムと真正面に対峙しなくてはいけません。
でも聞き終わった後の
心地よい疲労感は何物にも替えがたいものがありました。

その頃は気にもしませんでしたが
後々にミュージシャンのクレジットを見ると

村上(PONTA)秀一、小原礼、高水健二、安田裕美
吉川忠英、吉田健、栗林稔、佐藤準・・・・

すごいメンバーです。
それぞれ20代だったはずです。
純真な音楽魂がこれでもかと迫ってきます。



でも、今の時代
こんなアルバムは流行らないでしょうね。

売れなきゃ音楽ではない、という風潮
なんとかなりませんか?


冬のねむの木



同じカテゴリー(ミュージシャン)の記事画像
吉田美奈子さんライヴ 最終章
吉田美奈子さんライヴ!
ライヴに行ってきます!
同じカテゴリー(ミュージシャン)の記事
 吉田美奈子さんライヴ 最終章 (2013-06-09 18:47)
 吉田美奈子さんライヴ? (2013-06-03 22:06)
 吉田美奈子さんライヴ! (2013-06-02 20:49)
この記事へのコメント

「飛・び・ま・す」は1975年発表のアルバムでした。
記事の中の1966年は誤りです。
Posted by めろ at 2011年12月07日 08:52

この0LPは3枚もっとる・・・。

あちきは変人で、ありんすえぇ〜。
Posted by ぞうろく at 2011年12月08日 21:08

山崎ハコも聞いたけど、やまがたすみこのポスターを部屋に貼ってました。
昨日、ウィークエンドのCDもアマゾンで注文しました。
あちきも変態?
Posted by 瀑 at 2011年12月09日 21:34

ぞうろくさん

気に入ったものをいくら持っていようとも
それは変人ではありませぬ。

むしろ、手に出来る環境でありながら手にしていない人の方が、よっぽど変人の領域ですらい。

好きなものは、「使用するもの」「鑑賞するもの」「保存するもの」と、少なくても3種類、身の回りにあるのが粋だと思うのですが、こういった事はなかなか理解してもらえんですのぅ(^。^)
Posted by めろ at 2011年12月09日 23:27

瀑やん

やまがたすみこさん、とあるLPの「大瀧詠一」さんとのデュエットでの「あのとき君は若かった」は最高です。

ウィークエンドは聞いたことが無いので、今度聞かせて下せい!

瀑やんも、押しも押されぬ立派な変人です。
誰にばかることなく、どうぞ自信を持って下さい!
Posted by めろ at 2011年12月09日 23:40

昨日レコード蔵を整理していたら・・あなたに献上いたしたる「大滝詠一様のナイアガラ」が2枚出て来ました。

結局6枚もっていたで、ありんすわいなぁ〜。
まだまだ・・・お宝が眠っておりまする・・・。
「やまがた すみこ」の「風に吹かれて行こう」が聞きたいです。
不覚にも、彼女のレコードを一枚も持ってないのでありんすえ・・・。
Posted by 蔵六さん at 2011年12月10日 12:02

蔵六さんやめろさんのようなフォーク硬派がやまがたすみこを聴いていたとは・・・
絶対馬鹿にされると思っていました。

この前のコンサートで泉谷と加奈崎氏が友人と聞いて驚きでしたが、泉谷のねどこのせれなあで が、バイブルでした。

脳味噌と障子を洗いたき日かな

なんて句を先日詠みましたが、やはり句会には出せないわなぁ。

明日は泡水氏について、雪の大野ヶ原に潜んでで鳥をねらう予定です。
Posted by 瀑 at 2011年12月10日 21:59

僕は決して「硬派」ではありません。

フォークは全て好きです。

少し前に大洲のリサイクルショップで「とんぼちゃん」のLPを105円で見つけましたよ。

探してみるものです。
Posted by 蔵六さん at 2011年12月11日 01:23

瀑やん

そうなんです。
もともと泉谷氏は加奈崎さんのファンで、追っかけに近い存在でした。
詳しくは「ぼくの好きなキヨシロー」等の本に書かれています。(と思う)

フォーク好きというよりは音楽が好きなんで、ジャンルは関係ありませんが、嫌いな音楽は徹底して嫌いなので、聞いたふりをするのは得意です(^^)。
だから、カラオケは拷問です。

今度撮影に行くときは誘ってください。
冬鳥はいいですよね〜
Posted by めろ at 2011年12月11日 16:10

ぞうろくさん

「とんぼちゃん」、この前はじめてラジオで聞きました。
そういえば同じ時期に「ちゃんちゃこ」とか、いろいろ居りましたね。
当時、評論家の「富澤一誠」氏が褒めていた人たちはほとんど聞いていないので、我ながら偏っていたなと思っています。
今なら耳をふさがないかも(^^)
Posted by めろ at 2011年12月11日 16:22

「ちゃんちゃこ」は「空飛ぶクジラ」と言う歌を歌ってましたね。

あれは「みなみらんぼう」氏の作詞・作曲なのです。

聞くなら貸すよ。トンボちゃんも。

「はっぴーえんど」の「空飛ぶクジラ」も、いいねぇ。
Posted by 蔵六さん at 2011年12月11日 19:09

黄色いカラスもちゃんちゃんこだったと記憶してますが・・・
Posted by 瀑 at 2011年12月11日 23:33

みなさん詳しいっす(^。^)

知識だけはあるけどほとんど聞いたことが無いので、口先人間を脱却するために年末年始はお酒をちびちびやりながら聞こうと思っています。
ぜひ貸して下さいませ!

瀑やん、泡水さんの事だから、狙いの鳥はオオタカだったのでは??
Posted by めろ at 2011年12月12日 22:06

泡水さんは鳥だったら何でもOKのスタイル。
昨日の基本は小禽だったみたい。そりゃあ、オオタカだったら最高だけど、前に一日潜んでいて、会えたのは5秒らしい。
車の荷台で(珈琲を飲みながら)待っていたけど、一羽もでてこなかったよ。
釣りならば坊主だね。
800mmのレンズは凄いよ。
Posted by 瀑 at 2011年12月12日 22:36

瀑さん

我が家の物はほとんどがレコードですが大丈夫でしょうか・・・?
Posted by 蔵六さん at 2011年12月12日 22:41

蔵六さん、ちゃんちゃんこやとんぼちゃん、懐かしいので聴きたいですが、うちのレコードプレイヤーはもうずいぶん前に押入にしまってしまいました。
残念です。
フォークソングのCDで買ったのは、古井戸、NSP,ふきのとう、猫、ウィークエンドのBEST盤のみです。
陽水や拓郎や泉谷やはっぴーえんどなどのメジャーの輩はレンタルで借りてMDにて聴いています。
ビリーレイサイラスやディキシーチックなどのカントリーは買い込んでいますが。
Posted by 瀑 at 2011年12月13日 21:12

瀑 さん

一度我が家へ来てもらって、適当にCDを選んでもらって方がいいと思います。

かなりの量のCDがありますので。

CDで500枚LPレコードで2000枚はあるかと・・・。EPレコードも500枚はあるので・・・。
Posted by 蔵六さん at 2011年12月13日 21:30

蔵六さん、それは嬉しいお誘い。
今度、めろ兄に連れて行ってもらいます。
よろしくです。
Posted by 瀑 at 2011年12月14日 01:12

瀑 さん

了解です。
Posted by 蔵六さん at 2011年12月14日 07:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。