QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2013年03月03日

四季の詩

日差しも柔らかくなっています。

朝日が差し込んだ我家の今朝の室内風景


山際を離れ少し空に馴染んだ朝の日差しがとても気持ちよかったです。
(ちょうど「日曜美術館」の時間)
まるで、わたせせいぞうさんの世界でした。


で、こんな時期にむしょうに聞きたくなるのがこれ
      ↓


1974年発表「四季の詩(うた)」by古井戸
バック演奏は主に「ジョン山崎グループ」

アルバム名の通り
一年の流れをテーマに
あるときはストレートに
あるときは比喩、暗喩で
ぐいぐいと迫ってくるアルバムです。

「ひなまつり」〜「春たけなわ」〜「セントルイスブルース」
と続くA面はナイーブな中にも直球がびしびし来ます。

B面は、壊れそうな少年期の心の風景が
洗練された詩と抑え気味のヴォーカルとの
絶妙のバランスで迫ってきます。
「少年」「四季の詩」の
圧倒的な存在感はどうでしょう!

その頃の主流だった
男と女の事ばかり歌っていた
「フォークソング」「ニューミュージック」とは
明らかに世界観が違います。

そして名曲「年の瀬」で
余韻を残しつつアルバムは終るのです。

時代に流されず
自分達の表現したい事を
試行錯誤しながら追い求めた「古井戸」を
再評価する時代ではないかと思っています。


ちょっと写真は甘いけれど「四十雀(シジュウカラ)」



四色のバランスと配置が絶妙です。
進化の神秘。
こうなったらもう神の領域です。


同じカテゴリー(私的音楽系)の記事画像
愛器L12-SN
あなたのメロディ?
N響へ行きます!
同じカテゴリー(私的音楽系)の記事
 愛器L12-SN (2013-12-22 00:17)
 あなたのメロディ? (2012-05-20 16:10)
 N響へ行きます! (2012-05-15 21:03)
この記事へのコメント

めろさん、春になれば自分もこのアルバムは必ず聴きます。
と言うか、LPなのでカセットでしか聞けなく、車では数曲しかないBEST版を聴いているのみ。
CDありませんか?
自分の古井戸はこのアルバムなのです。
Posted by 瀑 at 2013年03月04日 08:28

瀑やん。「四季の詩」良いですなあ。
復刻紙ジャケCDは持ってはいますが
いかんせん、音が悪い・・・・
おそらくLP盤から落とした音源をデジタルに変換したものだと思われます。
LPの内側の曲、すなわちA面最後の「LOVE Song」やB面最後の「年の瀬」は音が悪過ぎて、あららです。
変換の際、ダイナミックレンジ確保のため無理にレベルを上げすぎて、完全に音が割れています。
オマケにご丁寧にスクラッチノイズまでしています。
プロの仕事ではありません。ミュージシャンに気の毒です。

でも落胆はせずに(^・^)
93年にフォーライフから出た「古井戸selection1971〜1974」は
間違いなく原盤から落とした音源で収録されているので、そちらを今度お持ちします。
ただ、「熊野神社〜」と「年の瀬」が入っておりません。
そこらは想像力で・・・
お楽しみに。
Posted by めろ at 2013年03月04日 23:10

めろさん、そうなんです。
熊野神社〜と年の瀬が入っていないんです。
「古井戸selection1971〜1974」が自分の持っているBEST版なのです。
確かにかなりいい音で、しっかり聴いてますよ。
Posted by 瀑 at 2013年03月05日 22:23

そういう事なら、スペシャルヴァージョンを用意しますぜ。
古井戸ファンを40年もすると、お宝もいろいろあるのですよ。むふ(^・^)
Posted by めろ at 2013年03月07日 22:18

おほ、楽しみだ。
Posted by 瀑 at 2013年03月07日 23:21

どんなプログラムにするか・・・
構想に1年です(ーー;)
Posted by めろ at 2013年03月13日 22:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。