QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2016年12月20日

句集

句集とは俳句だけの本。
1ページに多くて3句。
1ページに1句のみで二百数ページを突っ走る句集だってごろごろあります。
世界で1番贅沢で空白のある本です。(ある意味究極の無駄かも)

私には、あるコンテストで大賞を頂き
その御褒美で作って頂いた句集しかありませんが
俳句仲間はいろいろな句集を作っていらっしゃいます。

そんな我家の本棚を見ていると、あることを発見しました。

谷さやん「逢ひに行く」


宗左近俳句大賞を受賞した句集です。


杉山久子「鳥と歩く」


杉山さんは、第三句集「泉」で
今年の9月「第1回姨捨俳句大賞を受賞されました。ぱちぱち

杉山久子「行かねばなるまい」
(これは四国八十八箇所旅日記です)





で、なにを発見したかと言うと・・・・・
じゃ~~~ん




本棚風に並べ替えると
">「逢ひに行く行かねばなるまい鳥と歩く」
無季ではありますがちゃんと俳句になるのであります。

さすが俳人!
いろいろ楽しませてくれます。





同じカテゴリー(日記)の記事画像
小晦日
初霜、初雪
秋の蜥蜴
同じカテゴリー(日記)の記事
 小晦日 (2016-12-30 17:17)
 初霜、初雪 (2016-12-18 20:01)
 秋の蜥蜴 (2016-11-06 08:52)
この記事へのコメント
如何にも中八さんが喜びそうな!
Posted by まーきみ。 at 2016年12月20日 23:20
中八さんも勇気が出るってもんでぃ。
中八、下六が怖くて俳句が作れるかってんでぃ!べらんめぇ、ほんまに
Posted by めろめろ at 2016年12月21日 22:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。