QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2013年10月05日

10月の観覧ライブ

10月19日の加奈崎芳太郎宇和島ライヴは
残念ながら中止となりましたが
その後、神奈川県と西条市の方からお問い合わせがありました。
ひたすら謝りました(ぺこ)
来年は実施しますのでご勘弁を(ぺこ)

で、それはそれ、あれはあれで
今月は3つのライヴに行きます。

ひとつ目
及川恒平さん 10月4日、そうです昨日でした。



行って来たのにチケットはきれいなまま。
顔パスだったので、「半券をちぎるのが面倒くさい」
という理由で、受付で突き返されました。
そんなんでいいのか!蔵六先生!!

及川さん、さすがプロフィッショナルです。
吟遊詩人、演劇青年のイメージを
ずっと持っていたのですが
いい意味で裏切られました。
でもやっぱり思ったとおりの詩人でした(^_^)。

一曲目の特別リクエストの
「夏二人で」には泣きましたぜ。
ほとんど私のために、事前に楽屋でリクエストしていただいていた蔵六先生、まことにありがとうございました。

当日購入アルバム「ルノアールの雲」


購入の時のご本人談によれば
「最高にマニアックなアルバム」
とのこと。

内省的で、余分な音を入れない
凝りに凝った音造りです。
一発で気に入りました。
このアルバムを聞いて、今、久しぶりに
創作意欲をびんびんに掻きたてられています(^_^)。


さて、二つ目ライヴはこれ ↓



そう、10月19日の山下達郎さん。
加奈崎さんのライヴと日程がバッティングしていたので、今回のライヴはあきらめていましたが
加奈崎さんライヴが中止となったため
急にむらむらと行きたくなったので
急遽チケットを探しました。
ご存知の通り、発売即日完売のプラチナチケット。
とっくの昔に影も形もなく売切れです。

で、困った時の内緒の裏ルート・・・・

ありました、ありました!
それも超格安で。
なんでもありの世界が怖い・・・・

山下さんのライヴは約20年ぶり。
最近は歌謡曲の道を歩まれているので
新譜は全く買っていません。
昔のアルバム以外は聞く機会も少なくなりましたが
それでもデビューから聞いていた山下さんなので
目いっぱい楽しんできます!
しかし、あの曲でのクラッカーは
止めてほしいな〜〜


そして3本目は10月23日の
そう、「PONTA BOX」!!
じゃ〜〜ん



言わずと知れた
村上(ポンタ)秀一BOXのライヴです。
これは本当に楽しみです。
昔から好きなアルバムのドラマーは
ほとんどが村上(ポンタ)秀一さんでした。
ちょっとルーズな、溜めのあるリズムには
体が自然に反応します。

そして今回のベーシストは
これまた大好きな「岡沢章」さん!
抱きかかえるように弾く弦からは
流れるように、それでいて骨のある音が
紡ぎ出されます。

それにしても、
私のチケットの通し番号001は泣かせますな。


まさに至福の10月です!!

  

Posted by めろ at 15:41Comments(0)日記