QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2013年02月27日

ごきぶり??の写真


ついこの前まで、朝庭に出たら
こんな風景がいつもでした。



黴ではありません。
「霜」です。



今年はあと何回霜が降りるでしょうか?

でも、今朝は少し暑くて寝苦しくなり
何回も目を覚ましました。
ホント暖かい一日でした。

そういえば
月曜日に伊方町の亀ヶ池温泉近くへ行ったら
鶯が2羽鳴いていました。
まるで旬の鶯のように
それは上手に鳴いていました。

火曜日、板島橋を渡っていると
水鳥(おそらく鴨)の旅立ちに出会いました。
20数羽が川上で飛び立ったと思ったら
目の前でみるみるV字編隊となり
真上を飛び去りました。
それは雄大な眺めでした。
丸儲けな一日でした(*^^)v

[鳥帰る]は春の季語です。
冬鳥が北国へ渡っていく季節です。

で、「ごきぶり」

ここからは、
ごきぶり大苦手な人は見ないでください



昨日津島町某所に行ったら
こんな虫が居ました。

私はごきぶりだと思うのですがどうでしょう?



以前、西海町の鹿島に行ったとき
その島固有のごきぶりを見ました。
とても貴重で有名なごきぶりらしいのですが
ひっそりと奥ゆかしく生活していました。

そのときのごきぶりとよく似ているのです。



ひょっとして、どこにでもいる種類かも知れませんが
どうにも気になります。



大きさは約25mm

どなたか正体を教えて!!

  

Posted by めろ at 22:00Comments(0)日記

2013年02月24日

柚子剪定

柚子の剪定。
「ゆず」の選定ではありません。

柚子は好きですが、2人組の「ゆず」はちょい苦手です。

盆栽から果樹まで、剪定は大体、寒の間です。
理由は知りません。
おそらく木々の都合だと思います。

剪定前


寒風を正面に受け
オマケに杉花粉もたっぷり受け
えっちらこっちら切り倒しました。

完了!



さっぱりしました。
来年も豊作となりますように(^・^)

柚子の剪定での最大の敵は「

半端ではない棘です。
「アタシに触れたら容赦なく刺すわよ」



ハイ、長靴の底をも突き抜けましたです。
ガードが固すぎて声もかけられませんでしたです。

この棘の痛いのなんの((+_+))
安易に手を出したあとの
突き刺さる報復のあの痛みでしたです。

ぢゃが、来年の剪定では粗相はせぬぞ。
待っておれ柚子!



話は変わって「南楽園」
駐車場に今年も咲いています。
「緋寒桜??」
よくわかりませんが、とにかく咲いています。



メジロの群れがお出迎えです。



2メートルくらい近づいても逃げません。



私も人畜無害の領域に近付きつつあります。

  

Posted by めろ at 20:44Comments(6)日記

2013年02月13日

萱葺きの完成

この前萱葺き中だった城川町のお堂。
今日前を通ったら見事に完成していました。



見よ!この造形美!!





マイルドな曲線
幅と高さの絶妙のバランス
萱葺き屋根の黄金比です。
訳もなくうれしくなります。

萱葺き職人さん、ご苦労様でした。


このお堂から2kmほど離れた所にあるお堂。



野村町渓筋のお堂。




お堂は日本建築を
ぎゅぎゅ〜〜っと凝縮したみたいで
なかなかのものです(^_^)

  

Posted by めろ at 21:57Comments(0)日記

2013年02月10日

ハーモニカホルダ

face01ハーモニカホルダ。

ギター引き語りの時、
ハーモニカが欲しい場合、
ギターを弾きながらハーモニカは手に持てないので
ハーモニカホルダにハーモニカを装着して演奏します。



今まで何十年も便利に使っていますが
いつも不便に思っていました。
と言うのも
ニール・ヤングやエンケン、敬太郎さん
その他大勢の人がハーモニカを吹くとき
下を向き加減で吹いているのです。

私の場合、普通にハーモニカを吹くと
下を向き加減にならず
堂々と正面を向いてしまうのです。

この状態が何で不便かと言うと
ヴォーカルマイクにハーモニカが
ガチャガチャ当るのです。
これでは興ざめです。

ずーっと、どうしてだろうと考えていました。
そして最近、その理由がようやくわかりました。

私の首が短い!!

そう力を込める事ではないですが
標準サイズをものともしない短さなのです。
ホルダのハーモニカを装着する部分が
私にとって長過ぎるもんだから
背伸びをする感じで吹かざるを得なかったのであります。

苦節ン十年。
原因がわかるのに時間が掛かり過ぎた・・・

原因がわかれば対処は簡単。
長けりゃ切ればいいのです。

というわけで、「めろスーパースペシャル」
に改造しました。

と言っても作業はとても簡単。
(写真を撮るのを忘れた・・・)
ホルダを分解し、
私にとって邪魔な約3cmをサンダーで切り飛ばします。
そして切った所をバーナーで真っ赤になるまで熱して
接続のネジが入る大きさの輪っかを
ラジオペンチで丸めます。
ただこれだけなので
20分もあれば出来上がりです。

なぜこれに気がつかなかったのか・・・
今までのン十年は戻ってきません。
これから取り戻します。



かなり短くなったけど
私の体型にジャストフィット!!
めでたしめでたし





我家に転がっていた球根を植えたていたら
チューリップが芽を出してきました。
全部水仙だと思っていたので
儲けた気分です(^_^)








  下萌や高さ調整するサドル  めろ
             画  キムチャンヒ
  

Posted by めろ at 19:55Comments(0)日記

2013年02月03日

池普請

池普請(いけぶしん)  冬の季語

水の涸れた冬場に
主に、溜池の底に堆積している落葉や泥を浚ったり
水路を掃除したりする事です。

池普請とはちょっと違いますが
最近溜池の提の改修をよく見ます。

大地震での決壊防止と
何よりもずいぶん古くなって水漏れが激しいからでしょう。
最近はモグラが提を掘り返して
限界近い池もかなりあるみたいです。

宇和町でもかなり大きい池を改修しています。

我家の近くでも改修をしています。





うっかり見逃すほどの小さな池ですが
近くに行ったら厚い堤でびっくり!





見えないところはすごい!

今しか見ることのできない池の底



出来上がったらまた来ようっと。

次の冬はどんな水鳥達が来るのか楽しみです。

明日は立春。
歳時記を「春」に替えました(^_^)。

  

Posted by めろ at 21:14Comments(0)ティンパンアレイ系