QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2012年09月10日

古井戸の解散


1975年10月、名盤の誉れ高い
「酔醒(よいざめ)」が発表されました。
オリジナルアルバムとしては
古井戸、5枚目です。



当時のジャズの彗星「山本剛トリオ」をバックに従え
とてもジャージーでブルージーなアルバムです。
これは必聴です。
日本の音楽の歴史の中に
今日でも埋もれていないアルバムです。

本人たちの自信と成熟とは裏腹に
このアルバムのセールスはさっぱりでした。

このあたりから徐々に
加奈崎芳太郎、仲井戸(CHABO)麗市、両氏に
若干のずれが認識され出したのでしょう。

1978年5月21日発売
「SIDE BY SIDE」



やたらに軽く、すかすかのサウンドに
唖然としたファンも多かったと聞きます。
楽曲自体は粒揃いなのですが
いかんせん、トータル性がありません。
思いつくままに並べられたような曲順に
もはや「古井戸」の片鱗もありませんでした。

さすがのマニアの私さえ
このアルバムはついぞ買いませんでした。
(後年、加奈崎さんご本人から購入する事となる・・・)

翌年から、加奈崎氏にソロアルバムの話が出て
ワーナーから2枚のアルバムが発表されます。


「風の生き方」


「愛がもしすべてなら」



いろいろな誤解と行き違いで
古井戸の解散は既定路線となっていきます。
(ちなみにこのソロアルバムは、2枚とも
故忌野清志郎氏との合作に近い制作過程)

そして1979年11月、ついに古井戸は
「LAST STAGE」で正式に解散するのでした。

その時のポスター。
A1の大きさです。未使用です。




そしてその翌月。
な、なんとコンサート1ヶ月後12月21日に
本当のラストアルバム
「LAST STAGE」が発売されたのでした。



「古井戸」という名前が過去になった瞬間でした。
私たちの青春の大部分を占めていた
2人のサウンドは永久に封印されたのでした。

そんな加奈崎芳太郎の宇和島ライヴ
2012.10.20(土) 19:00〜
宇和島市「TE-TSU」さんで行います。


来てね(^.^)
  

Posted by めろ at 23:25Comments(0)加奈崎芳太郎

2012年09月03日

古い写真

天袋を整理していたら
おもしろい写真が出て来ました。

26歳の頃組んでいた「FUN&FUN」(ファン&ファン)
というユニットの写真です。
その頃は宅録ばっかりしていたので
日曜日は一切外へ出ない生活を送っていました。

「これでは青春の思い出が出来ない!!」

と、メンバー一同危機感を募らせ

「そんじゃまあ、ライヴでもするか」

という事になり

「そのためにはポスターだ!」

という事になり
(ちょっと違ふ気もする・・・・)
ポスターのために撮ったのがこれです。

場所は、天赦園の近く(佐伯町?)にあった
「伊達倉庫」の前です。



左が私だす。
体脂肪率一桁、筋肉もりもり
Gパン27インチの頃だす。

結局、ポスターは高くつく、
という事でボツになり
(こんなポスターでは、誰も来ませんぜ)
ライヴだけはしっかりしましたが
あまりにマニアック過ぎて
お客さんどん引きのまま
ライヴはめでたく終了したのでありました。

ライヴ終了後のお楽しみ会まで
夢想していた私たちは
世間の常識を目の当りにし
追われるように会場を後にしたのでした。
夢破れて、山河はどこにもありませんでした。

青春の甘酸っぱい思い出の予定は
死海以上の塩辛いものとなったのであります。

めでたしめでたし。


  

Posted by めろ at 22:26Comments(3)日記

2012年09月02日

加奈崎芳太郎 宇和島ライヴ2012

今年も頑張って開催です!

加奈崎芳太郎 宇和島ライヴ

2012.10.20(土)
開場 18:30
開演 19:00
場所 宇和島市新町 ロックバー「TE-TSU」さん
前売券 ¥2,000
当日券 ¥2,500


1981年、古井戸を解散してソロになっていた
加奈崎さんの当時のマネージャーF氏から
突然電話がありました。


「加奈崎がやっとその気になって
全国ツアーするんだけど
宇和島で出来ないかなあ」

いろいろ悩みましたが
数日後、開催決断の電話を入れました。

そこから
毎年の「加奈崎芳太郎 宇和島ライヴ」
が始まったのでした。

その時のライヴポスター 




途中、もろもろの事情で音信不通となっていましたが
パソコンを買った1999年に加奈崎さんのホームページを知り
連絡を入れ、翌年から「宇和島ライヴ」が復活したのでした。


高校時代から「古井戸」が好きで離れられない
私たち3人組(イカ、カッパ、メロ)が中心となって開催はしていますが
会場のセッティングや受付や
チケットを
知り合いに紹介していただいているスタッフのみなさん無しでは
とてもじゃないですが、ライヴは開催できません。

そしてそして、お忙しい中会場へ足を運んでくださる
お客様!!
お客様あってのライヴです。


お客様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。face02


古井戸のアルバム


「古井戸の世界」1972.3.5発売


「オレンジ色のすけっち」1972.9.25発売


「ぽえじー」1973.7.25発売


「古井戸ライヴ」1974.3発売


「四季の詩」1974.10発売

いや〜〜、今もぜんぜん色褪せていませんな。icon53

皆様、来てね




今昔に決断多し流れ星  めろ
画 キムチャンヒ
書 コンジュン


  

Posted by めろ at 16:48Comments(2)加奈崎芳太郎