QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2012年06月04日

横浜

6/1は15:00前に横浜に着きました。
ベイブリッジを渡り横浜へIN!



ホテルにチェックインして、近くの山下公園へ





思ったより広くありませんでした。
公園内では薔薇が咲き誇っていました。





横浜港は開港記念日前日で
明日の本番の用意で大忙しでした。
雨が時々落ちてくるあいにくの金曜日でした。


港には・・・・



宇和島での狂騒も今は昔
「日本丸」がひっそりと係留されていました。

見学人はほとんどいません。
まったく、所変われば・・・・です。



宇和島では見に行かなかったので
じっくり見ました(^.^)

赤レンガ館




広〜〜い木の歩道




約3時間以上歩き倒しました。

夕食はベタでスイマセン、中華街です。





路地の小さな店に入りました。
美味くありませんでした。

お口直しにコンビニで買い物をして
ホテルの夜は深けていくのでありました。

  

Posted by めろ at 22:35Comments(0)日記

2012年06月04日

横浜〜東京

6/1〜6/3まで横浜〜東京へ行ってきました。
甥っ子の結婚式です。

いろいろ面白い所にも行きましたが
原宿表参道のとある所にも行きました。

表参道は毎日がお祭りみたいです。
先の先まで、いつの時間も人並みが途切れません。





で、目的のとある所というのは、ここ。





表参道に面した
こじんまりとしたギャラリーです。

ここで、俳句仲間(と一方的に思っている)の
蜂谷一人さんが、俳句会の大御所 星野高士氏の俳句を題材に絵を描いて
俳句と絵画のコラボの展覧会をされていると聞いて出かけたのです。





星野氏の俳句に
一人さんのとても独創的で、
それでいて独りよがりではないタッチの絵が絶妙でした。
すでにすべて完売していました。

私の後から入られたお客さんに
あたしゃ卒倒しました。

歌人の 永田淳、永田紅、両氏です。



左のお二人です。
声はかけられませんでした。face07icon10

そして、またまた偶然に
坊城俊樹氏もいらっしゃいました。むふふface02

記念写真に気さくに応じてくださいました。



左から、坊城俊樹氏、星野高士氏、蜂谷一人氏、大塚めろ氏です。

いや〜〜、実に濃い一時間でした。

  

Posted by めろ at 00:34Comments(0)俳句