QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2012年03月03日

テーブルのRE塗装

我が家のキッチンテーブル。
この土地に引っ越してしばらくした頃
山のヒノキの間伐材をいただき、製材所で挽いてもらい
日曜大工でえっちらこっちら作りました。

市販のテーブルはどこを捜しても
我が家に必要な寸法のものが無かったので
それなら「市販にないのなら作りましょ」
と、作ったのでした。

でも、さすがに作ってから10年以上たったので
ところどころ塗装が剥げてきています。





で、今日は天気もいいし、湿気もないのでREオール塗装をしました。

外へ出して、作業開始

まず、サンダーで全面の塗装をはがします。

サンドペーパーは100番。

四苦八苦してどうにか完了。


よく見ると細かい傷がかなりあります。
我が家の長年の歴史です。


塗装を剥がしたら次は再塗装です

今回もけやき色のオイルスティンにしました。
濃ゆくなく薄くなく、ちょうど良い色加減なので
工作にはいつもこの色を使います。
ニスはウレタンニスです。
ニスも経済的にも耐久的にもウレタンニスが1番です。



塗装開始!


私は基本的にハケでは塗りません。
すべてタンポ塗りです。
木に十分浸みこませる様に、手でごしごし塗りこみます。

1回目完了。


よく乾かして(今回は約30分)計3回塗ります。

天候の条件が良かったのでここまでは順調に出来ました。

次はウレタンニス塗りです。
が、昼過ぎて天気予報どおり太陽が隠れだしました。
ニスが乾くにはかなり時間がかかるので、作業を急がなくては・・・

1回目の塗装は、薄く溶かしたニスをこれまた薄く塗ります。


本当は最低3時間以上乾かさないといけないのですが
天気が悪くなっているので1時間程度乾かしただけでサンダーをかけます。
1500番の水ペーパーで、水をかけながら丹念に磨きます。



乾いた布でよく拭いてまたニス塗り。


乾いたらまたサンダーがけ。
これまたこれを3回繰り返し・・・

本来ならこの作業は2日以上はかけなくてはいけません。
今回はちと急ぎすぎface07

で、夕方5時過ぎに、不本意ながら終了



今回は光沢を抑え、アンティーク風の仕上げにしました。

案の定、満足にはほど遠い出来上がり・・・・
でも1日だけの作業だから妥協妥協。

これでしばらくは大丈夫ですicon_165

  

Posted by めろ at 22:33Comments(0)日記