QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2011年12月23日

「天」!!

「天」です!
俳句ではいわゆる1等賞の事を「天」といいます。

いえ、私ではありません。
俳句仲間の「瀑やん」
今週の南海放送ラジオ「一句一遊」で、みごと今週の「天」に輝きました。
おめでとうございます!ぱちぱちぱち

  千両の灯り雪輪の滝近き  渡辺瀑

季語は「千両」。
お金のことではありません。
下向きに真っ赤な実を付ける植物です。

「千両の灯り」で、昼なのに薄暗い山道が想像できます。
その先に水音がしてきます。
「雪輪の滝」だから大きな水音ではありません。
そして、やがて「千両の灯り」に導かれた私の目の前に雪輪の滝が開けるのです。

映像を見るような句です。

この句、千両と同じような植物「万両」ではだめです。
万両は上向きに実を付けます。
上向きの実では「灯り」という言葉に対して意に添いません。
やはり「千両」は動かしようがありません。

この句を「季重り(きがさなり)」というのは野暮です。
季重りというのは
ひとつの俳句の中に2つの季語が入っていることを言い俳句ではほぼタブーとされています。
この句では、千両(冬)滝(夏)が季語です。
が、雪輪の滝はあくまでも千両の添え物として使われています。
(固有名詞を季語というのはかなり無理もあります)
あくまでも千両が主役です。

これは高度な技です。
さすがです。

で、「天」の御褒美はこれ ↓



一句一遊俳句ノートです。
軽く自慢できる代物です(^。^)


ついでに、今週の私の句も金曜日に残りました。

  千両や二人がかりで開ける蔵  めろめろ

誤解を覚悟で言うと
この句は金曜日に残るとは思っていましたが
天は無理だと確信していました。
それはどうしてか?
これといった欠点はない句ですが

句が『弱い!』!

これに尽きます。
では、どうすれば句が立ちあがるか?

この句を送った次の日に思いつきました。
「開ける」を「開(ひら)く」に変えるのです。

「開く」としたらリズムは悪くなりますが
蔵に存在感が出て、すっきりとします(と思う)。
「開ける」はあくまでも開ける『人』が主ですが
「開く」にすれば蔵が立ちあがってきます。

よって

   千両や二人がかりで開く蔵  めろめろ

を一応の完成作とします。

これを世は自己満足の自画自賛と言います。
でも、私の究極の目標は「自己陶酔」です。

志は高く持て!!ふふ




  

Posted by めろ at 17:54Comments(2)俳句