QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2011年12月18日

年用意

村の入り口に角松が座りました。



「年用意」
冬の季語です。
特に今から10日位の間に実感する季語です。
歳末、新年を迎えるための
いろいろな用意をすることをいいます。

私も今日は



山へ柴刈りに



ではなく
ハナシバを取りに行きました。

これも立派な「年用意」かな?


立派なハナシバを持って帰りました。



ちなみに、「焚火」も冬の季語。



最近はいろいろな規制で
焚火は原則禁止となりました。

でも、焚火を見ると
じいちゃん、ばあちゃん
近所のおっちゃんおばちゃん
幼いころの同級生の顔が
昔そのままの顔で思い出されます。

みんな焚火の向こうで
手をかざして笑っています。

やっぱり焚火、いいなあ・・・

「焼芋(冬の季語)」の匂いもしてきました。



  

Posted by めろ at 22:08Comments(0)俳句