QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2011年09月11日

今日の仕事?

MDデッキの修理をしました。
ちょうど去年の今頃、トレイが動かなくなりました。
今時MDもあまり使わないのでそのままのしていましたが
MDにしか残していない音源がどうしても聞きたくなったので
修理することにしました。


着工前



分解!



トレイの故障の原因はほとんどがベルトの老朽化。
モーターのある場所を探します。
ねじがいっぱいあるので
どこのねじか、何本かをしっかり覚えておきます。




分解が進みます。
どうやらモーターはこのあたりです。



あったあった!
やっぱりベルトが朽ち果てていました。



いくらハイテクに見えても
心臓部分は結構ローテクです。
でも、こういったところが愛おしいんですなface02icon_165
で、純正ベルトなんて用意していないので
こういった時の代用品は
輪ゴム


修理というのはだいたいこんなもんです。
原理さえわかれば純正でなくても大丈夫です。
これで3年くらいは大丈夫ですicon_154

丁寧に組み立てて、完了!!



ばっちりなおりました。

今夜からパソコンに録り直して保存です。

それにしてもMDの音は良くない!ぶつぶつ・・・
そんな良くない音を更にパソコンに落とすのだから
良い音からさらにさらに遠ざかります。
ま、記録としての音源だから我慢するか・・・

はっきり言って
カセットの音のほうが数十倍いいです。
  

Posted by めろ at 20:01Comments(0)日記

2011年09月11日

今日の仕事

仕事で大洲へご!

仕事をしながら、近くの溝に集団で生活している蜘蛛を3時間ほど観察。



嫌いな人は徹底的に嫌いでしょうな・・・
とにかくこんな蜘蛛の巣が百近く・・・・・壮観な眺めでした。

この風景を見て何となくお祭りの夜店を思い出しました。
巣を張るところにより一日の収穫がおおいに違ってくるだろうな・・・・とか
同じような巣なのに、なんであいつの巣には獲物が引っ掛かるんだ?とか
ま、こういう日ごろの葛藤と競争心で、彼や彼女の巣も進化するんでしょう。

で、ちょっと思ったのが、我々は蜘蛛が糸を吐く(出す?)事は生物の習性として
ごくあたりまえなことだと別に驚きませんが、我々が心を白紙にして、「今まで蜘蛛など見たことない」顔をして蜘蛛を見ると間違いなく腰を抜かすでしょうね。
だって、尻から糸を出すんですぜ!!
おまけにその糸を瞬時に尻に巻き戻して納めるんですぜ! 
その時、普通後片付けの時は何か一つ収まらないものが出てくるものですが、蜘蛛ときたらそんなそぶりも見せず見事に涼しい顔をして、自分が散らかしたものを綺麗に納めてしまうんですぜ!
その上、餌がかかるまで逆立の態勢で一日でも二日でもじっと待っているんですぜ!
どうにも頭に血が下がらないんですぜ。
数日後にまってましたと餌がかかった時、立ちくらみもせずに餌に一直線なんですぜ!

こんな蜘蛛を見て驚かないのは、なんかこうな人です。

このメカニズムが解読され、人類に応用できたらものすごいことになるでしょうね。
その時は、私が問題を提起したので知的財産のほうはどうぞよろしく。
で、ものすごいことがどんなことかは、各自でイマジンしましょうicon_163icon_163

蜘蛛の尻




肱川では、落鮎漁の準備をしていました。





豊漁でありますようにface06


お口直しに糸とんぼ


  

Posted by めろ at 17:57Comments(0)日記