QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2011年08月07日

仕事師の本日

本日は前前から延ばし延ばしにしていた仕事の一部を片付けました。

その?  食洗器の分解

10年近く活躍してくれた食洗器がついに使用不能に。
何回も自分で修理して使い込みましたがもう限界。
で、不燃物に出すため分解作業。






長い間ご苦労様でした。


その?  テーブルの塗装。

庭に置いている手作りのテーブルが御覧の有様。
屋外のため、塗装が剥げ無残な姿に・・・


これ以上剥げると
単なる剥げではなく風化のレベルになってしまいます。
程よく乾いているので重い腰を上げて塗装決行!

ひっくり返してまず裏から


完成!


ついでに、これも手作りの道具置場を塗装!


私は日曜大工も趣味のひとつなので
ステレオラック、テレビラック、
パソコンデスク、キッチンテーブル
子供たちのベッドetc
頑張って作りました。

市販ではぴったりサイズの製品がなかなかないので
それなら手作りしかありません。

手作りをしていてつくづく感じたのは
仕事は道具がなくては始まらないということ。
それも「良い道具」が。

それと道具のメンテナンスの難しさ・・

鑿(のみ)や鉋(かんな)は
刃が切れなくては話になりません。
でも、刃を研ぐことの難しいこと難しいこと!
このとりあえずのマスターだけで
数年かかります。

で、刃がいくら切れても
かんなの台(木の部分)を調整しないと
本当の斬れにはなりません。
台を調整するためには
よく切れるかんなとのみが必要になります。

この堂々巡りをどうするか・・・

まあ、適当な所でお茶を濁しています。


こんな苗が


今ではこんなに


目に見えて涼しくなったような気はしませんが
目の保養にはもってこいです。

  

Posted by めろ at 18:32Comments(4)日記