QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2011年07月23日

愛器 その3

なんだかんだ言って
今一番使っているギターがこれ。



正式な正体は不明です。
メイドイン・オーストラリアとありますが
作られたのはおそらくヴェトナムです。



オーストラリアの会社のプロデュースにより
ヴェトナムの製造メーカー「エアーズ」で
制作されたギターと私はよんでいます。

表板    スプルース
側、裏板  ローズウッド
の単板仕様という触れ込みです。

が、が、
どうもローズウッドではないように思います。



第一、色が違います。
ローズウッドは産地により色の違いはありますが
いくらなんでも、
こんなにくすんだ色ではありません。
木目の輪郭もこんなにボケてはいません。

第二、板の香りが違います。
というか、このギターには香りがありません。
ローズウッドには特有の
何とも言えない甘い香りがありますが
このギターは無臭です。

という総合的かつ科学的な根拠に基づき
ローズでは無いという結論に達したのであります。
でも、ローズ系はローズ系です。

ローズウッドではないけれど
とても良い材料が使われています。
柾目で、木目の幅も広からず狭からず
高級感びしびしです。
かなり安く手に入れましたが
十分すぎる音で、大変満足しています。
(でも、造りがなかなか甘い・・・ま、いいか)

特に出色なのがネックの太さ。
通常のギターのネックでは
いまひとつ私の指にフィットしませんでしたが
このギターのネックは幅が広く
今の私の指の形にぴったりです。

現在、どこのメーカー、工房も
ネックの幅はほとんど画一化されていて
特注にでもしないと
好みのネックには出会えませんが
このギターに出会えたのはラッキーでした。
(でも、造りがほどほど甘い・・・うーん)


これから先
新しいギターを買うことはまず無いと思います。
今持っているギターを大事に使い込んでいこうと思っています。(青年の主張並のオチでした)


緑のカーテンのゴーヤが
本格的にその気になって来ています。




  

Posted by めろ at 14:03Comments(0)日記