QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2011年06月26日

アカショウビン

何年か前からこの地にやって来ている
「アカショウビン」。

漢字で書くと「赤翡翠」。
そう「翡翠(カワセミ)」の仲間です。
全長24cm程度の
ほどほど中型の鳥です。

夏鳥で、南の国から
夏にこの地にやって来て繁殖します。



去年まで奥山の谷川から「キョロロロ・・・」
という何とも言えない素敵な鳴き声が
かすかに聞こえていました。

で、今年は朝5:00 〜 6:00に限り
ごく近くの谷川からその鳴き声が聞こえてきます。
その鳴き声で目が覚めるほど
かなりリアルです。

借り物画像です。




まだ本物を見たことありません。

今年こそ実物体験に挑戦です!!

  

Posted by めろ at 21:24Comments(0)日記

2011年06月26日

愛器その1

愛器 「YAMAHA L12-SN



1975年製
表板       スプルース
サイド、バック  マホガニー
ネック      マホガニー
指板、ブリッジ  黒檀
いずれも単板です。

ここ最近、マホガニーという材料を
ワンランク下に見る傾向が見受けられますが
そんな考えは本当の材料を知らないから。

さすがにこの時代の楽器には
贅沢な材料が使われています。
この材料で今作ったらいくらかかるでしょう?
ま、値段だけではないですけど(^−^)。

19歳の時の初めての冬のボーナス全額をつぎ込んでも足りませんでした。
このとき、会社の同僚が
当時、カスタム以外ではYAMAHAで一番高額の「L-31」を購入しました。
本当は私もそれを購入するつもりでしたが
同じギターでも能がないと思い
この「L12-SN」にしたのでした。

購入後ほとんど毎日弾いていましたが
なかなか音が出てくれません。
¥16,000の合板ギターのほうが良い音で鳴っています。
2年くらい経ってようやくそれらしく音が出てきました。

最近のギターは買った時から良い音がするそうです。
そんなギターじゃないとなかなか売れないみたいです。
いきなり良い音を出させるために
材料を削りすぎるくらい削ったり
いろいろ無茶をする作り方があるみたいです。

どちらにせよ購入者は急いではだめです。
じっくり楽器に対峙しましょう!
音が出るプロセスを体験できない事は実に不幸なことです。



これからも大切にしていきます。









  

Posted by めろ at 14:02Comments(6)日記