QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2011年06月04日

岩清水

田舎へ帰ってきました。

田舎への道、いろいろなものがあります。

桑の木

最近めっきり見なくなりました。
今残っているのは
ほとんどが野生化した木です。
で、桑の実。

濃い紫色に熟れた実を食べます。
忘れていた味です。

こんな清水もあります。



どんな干ばつのときにでも枯れません。

こんな清水も・・・




腸が弱く、ごくごく飲めないので
一口ずつお上品に飲みました(^.^)。
やっぱりうまい!!


  岩清水覗けば少年だったころ  めろ


田舎の前の小川では
かじか蛙がさかんに鳴いていました。
親父が生前放流したかじかの末裔です。
それまでは、このあたりでかじかの鳴き声は
誰も聞いた事がなっかったらしかったので
間違いなく増えた末裔です。
毎年ほっとします。

  

Posted by めろ at 22:12Comments(5)日記

2011年06月04日

25年

  バスを降り親父とわかる野焼かな  めろ

今日は親父の命日。
日の出とともに息を引き取りました。
25年前の今の時間は悲しみのどん底でした。

その年の暮れに長女が生れました。
長女の成長は
親父の記憶が薄らいでいく年月でもあります。

今から田舎に顔見せに帰ってきます。


  柿は実がつきすぎると自ら実を落とすと言われています。



表と裏シリーズ
  

Posted by めろ at 11:56Comments(4)日記