QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2011年04月16日

悲しき北風

「悲しき雨音」byカスケーズ がヒットしたのは1963年とあります。
小学2年の頃か・・・
実際に聞いたのは小学校高学年で、ラジオからだったと思います。

中学1〜2年生の頃リバイバルでラジオから結構流れました。
その時、EPを借りて聞きまくりました。
A面の「悲しき雨音」も当然好きでしたが
B面の「悲しき北風」が一発で好きになりました。




(その頃。やたら「悲しき・・・」と訳された曲名が流行して少し辟易。
「悲しき天使」「悲しき街角」・・
そういえば、結構デル、シャノンに多かったなぁ)


北風?のSEから入るのは「悲しき雨音」の雨音のSEの二番煎じとしてご愛嬌ですが
「悲しき・・」という割にはカラッとした音作りで
多感な?お年頃にはひと時の清涼剤のようでした。

で、時は流れて1985年。
小林旭さん「熱き心に」発売!
作詞 阿久悠  作曲 大瀧詠一

さすがご老体(大滝さんのこと)!!
これはワタシ的に完全に「悲しき北風」へのオマージュと感じました。

言葉で表したら陳腐になるのでやめますが
大滝さんのカスケーズに対する尊敬と敬意が凝縮されていると思います。

ちなみに、阿久悠さんが御自分の詞で気に入っていたのは、この「熱き心に」だったといいます。
この楽曲は曲が先で、オケを阿久さんに渡し
結構短期間で一気に書き上げたと聞きました。
こんな裏話を聞くと、どこかしら熱くなってきます。


野生の石楠花?
  

Posted by めろ at 22:42Comments(0)ミュージシャン

2011年04月16日

買ってもうた

あれほど「買うわけないじゃん」
と言っていた例のものを
買ってしまいましたがな・・・


まったくもって・・・情け無い・・・
また、大瀧さんの
口車に乗ってしまった・・

本格的に痛い出費
しばらく発泡酒も飲めません。
身から出た錆であります。


よその田植えも着々進みつつあります。

たんぼの左側には
中途半端に苗が植えられていません。
これは減反の割り当てのせい

世界的な食糧難で
アフリカでは食料品の急激な値上げで
暴動が起きているというのに
杓子定規の減反政策で
はたして良いのでしようか??

食料輸入国は
食料が人質です。



外廊下の下に残された鳥の足跡
鳥の歩き方には2種類あります。
交互に足を出す、つまり歩くのと
同時に両足を出す、つまり跳ねる
以上の2種類ですが
それは鳥の種類により違います。

カラスは最近
両方とも出来るみたいです。


  

Posted by めろ at 13:25Comments(0)日記

2011年04月10日

球春

球春はアマチュアにもやって来ました。
今週から本格的にナイターです。

一年間怪我をせずに
喧嘩をせずに
勝っても負けても持ち越さず
あくまでも趣味趣味で(^^♪


本日の根性花
連翹みたいな花ですが連翹ではありません。
なんという花?木?



今日は県議会議員の選挙日。
選挙には漏れなく行っています。
義務を遂行しないで
権利を主張してはいけません。

各議員の主張を聞いて投票しようと思っていましたが
ネットを検索してもヒットしません。
どの議員も主張やビジョンは
無いのでしようか??
それとも県議会は
ビジョンなど必要ないのでしようか??
特に、原発の是非についての主張を
聞きたかったです。

いくら地元に利益誘導しようと
地震と原発であんなになるのになぁ・・・

悲観的過ぎますか?
現実的過ぎますか?


紋黄蝶の交尾
  

Posted by めろ at 19:03Comments(2)日記

2011年04月09日

今日の散歩

今日もご近所散歩

咲き時を満ちた桜の花びらは「花筏(いかだ)」
となって水面を流れます。

「花筏」は春の季語。
ああ美しきこの日本語達よ・・・

油断していたら、たらの芽はこんなに大きく・・
こんなに大きくなってはもう食せません・・ああ


野生の辛夷(こぶし)が咲いていました


切株から出て来る芽を「櫱(ひこばえ)」といいます。
これも春の季語。
正確にはこの写真は櫱ではないかもしれませんが
まあ、雰囲気だけでも・・・

イタドリも出ていました。
田舎では「いたんぽ」といっていました。
塩を持って野山に出かけ
いたんぽをよく食べたものでした。

そろそろ田植えも近くなっています。



それにつけても某原発・・・
我々一般人が川や海に汚物を流したら
即、検挙か逮捕なのに
あれだけのものを垂れ流しても
今の所はおとがめ無し・・・
立件は視野に入っているのでしようか??

これは国際裁判並みの犯罪です。
島国だけの問題ではありません。

一秒でも早く
放射性物質のたれ放出をおさえて下さい。

原子力推進の方々にも
家族はいるはず。
なのに、嗚呼

  

Posted by めろ at 21:40Comments(0)日記

2011年04月07日

蛙鳴く

「蛙鳴く」は歳時記には無いかな?

今晩帰宅して車から降りると
蛙が鳴いていました。
一声、ふた声でしたが蛙でした。
田んぼにも水が張られてきました。

そういえば、
蛙が絶滅危惧種になる日も近いとか・・
そういえばトノサマガエルなんて
ここしばらく見ていません。

田んぼの作業が昔よりずいぶん早くなり
蛙もそれにあわせて
生活様式を変えなくてはいけません。
求愛時期、産卵時期、生育時期・・・
蛙も大変です。

母校の小学校

我家の「花」
お歳のせいで最近おねしょがひどくなっています。
そろそろオムツが必要かな・・
  

Posted by めろ at 22:32Comments(2)日記