QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2011年01月04日

ナイアガラカレンダー78前後

かの超傑作アルバム「ナイアガラカレンダー'78」前後に
実は数枚のアルバムが出ているのです。
マニアの間では、音楽性もさることながら
その発売までのいきさつが
あまりにも哀愁が漂っているので
思い入れが強いアルバムなのです。

それは
「多羅尾伴内楽団vol.1」「多羅尾伴内楽団vol.2」そして
「DEBUT」さらに「LET'S ONDO AGAIN」の4枚。
嗚呼、哀愁の4枚であります。
1977年11月から1978年11月にかけての御リリースです。
その壮絶ないきさつは
色々なメディアに事細かく記されています。




忘れもしない1977年11月某日
喜び勇んで
予約していた大滝さんの新譜を受け取りに
レコード店に行きました。

当時は試聴をさせてもらえたので
家に持って帰って聞くのが待ちきれず
その場で試聴しました。

スピーカーから聞こえてきたのは
訳のわからないインストゥルメンタル・・・・
それが「多羅尾伴内楽団vol.1」でした。
私は予約していたにもかかわらず
掟破りのキャンセルをして帰路につきました。
レコード屋さんごめんなさい。
すべて大滝さんが悪いのです。

当然その4枚は私は買うことなく
ほどなく廃盤となりました。嗚呼・・・

で、その後1983年
今までの大滝さんのアルバムが
「NIAGARA BOX」として9枚組で
ドドーンと発売されました。
まったく悪徳商法です。
買わざるを得ません。
だって、一時期にせよ
背信行為をしたのですから・・・・

嗚呼、恐怖のマルチ商法!

で、そのBOX物は今は行方不明で
手元にありません。
誰かが持って帰ったまま
戻してもらっていません・・・・

一応、所持していたという
証拠の品はあります。



BOXに付いていたおまけの
「Record Collecting Guide」です。
これしか手元にありません。

ま、仕方ないです
  

Posted by めろ at 23:55Comments(0)NIAGARA