QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2010年12月21日

ちょっとしたこだわり

ほんのちょっとしたこだわりは誰にでもあると思います。

以前、曲を作っていました。
大体は曲と詞が同時進行でした。
で、大体1番だけでお終いでした。どうしても2番が作れないのであります。
ここでちょっとしたこだわりがどうしても出るのです。

1番と2番、3番の詞は字数からそのリズムまで同じじゃないといけないのです。

つまり1番のとあるところの詞が「あいつのせいさ」だったら「あいつの せいさ」で言葉が「4 3」に分かれます。そうなると2番の歌詞の同じところも「4 3」で分かれなければいけないのです。
同じ7文字でも「でも いいんだよ」ではいけないのです。
人は「どうでもいいんでないかい?」と笑うけれど、これだけは譲れないのです。(↑ ご勝手に)

職業作詞家が作った歌詞は、ここのところがそれはもう見事に仕上げられています。
音楽を愛し、誇りをもてる人の成せる業です。
曲の流れ、詩の流れを本当に考えたら、言葉の配置はおろそかにはできません。
脳の中にたいした言葉のストックがなかったもので、私は1番だけで精一杯でした。

それと、詞は4小節か8小節で区切りをつけて、つぎの小節にはくどくど話を持っていかない!!

たとえば「貝殻バンド、失礼 甲斐バンド」の「あんな」の
(あんな寒くはないかお前を包むコートは  無いけど〜〜)のような区切り方は脅されてもしない。
(あんな寒くはないか  お前を包むコートは無いけど〜〜)でしょうが!

わたしゃ初めてあの歌を聴いたとき「あんな」が人の名前だとは気づきませんでした。
あのメロディのあのアクセントでは、どう聞いても「あんなこんな」の「あんな」です。
もしくは、関西弁の「あんなぁ」です。

色々なご意見はあるでしょうけど・・・

ま、ど素人の嫉妬です・・・・


歌詞をその小節に収めない、というか意識的にずらす試みをしたのが「はっぴいえんど」の松本隆さんです。
松本さんの歌詞には流れがあります。寸断されていません。(失敗もありますが、それを前衛だと言っておこう!)

俳句にも「句またがり」という、句の作り方があります。
昔の私なら「俳句は5,7,5!句またがりは邪道ぢゃ!」と息巻いていたかもしれませんが、そこは大人になった私。「句またがり」「字余り」「字足らず」「切れ字の多用」etc・・・OK、OK何でもOK!!

心の広さにうっとりします。



  

Posted by めろ at 00:57Comments(5)ミュージシャン