QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2010年11月30日

お堂その後



この前のお堂。
下が新築中のお堂で
後ろが新築されて困惑のお堂。

で、こんなになっていました。


無い!ない!
後ろのお堂が無い!!




在りし日のこの雄姿!



あらら・・・・

10年も経ったら
ここにお堂があったことを覚えている人も
居なくなるんだろうな・・・

だからこの世は油断できないのぢゃ!!
  

Posted by めろ at 20:57Comments(0)日記

2010年11月28日

ナイアガラムーン

1975年のSIDER'75は秋吉久美子さん映像の「ひとりでふたりで三ツ矢さいだ〜〜〜(リンガリガリン)」になりました。
これはこれで最高だったのですが、SIDER'74が良すぎました。
で、この年に出たアルバムが「Niagara Moon」です。



当然SIDER'74の延長のアルバムだと思っていた私は面食らいました。
コミックソング的訳が分からない歌のオンパレードだったからです。
その音楽が全々理解できません。
(のちに解った事ですが、音楽的土壌がないとほとんど理解不能。でも、解れば解るほど媚薬となる)

この年に出たシュガーべイヴの「SONGS」も同じナイアガラレーベル。
のちのちのラジオ番組で「シュガーベイヴがあまりにも良いメロディーでポップなため、大滝までこの路線で行くと会社としてバランスが取れないと判断して、あのようなノヴェルティータッチのアルバムにした」みたいなことをおっしゃっていました。
その懐の深さに感激するほどの懐の深さをわたしゃ持ち合わせていませんでしたもので、また、その頃はそんな情報が入ってくるほど私のアンテナも高くなかったので、「あらら!無駄金だった・・・」と後悔したものでしたface07face07
当時、どうにか節約してひと月に1〜2枚のレコードしか買えない財布状態でした。

じゃがいもではありません。







月末にかけて俳句の締め切りがわんさかあります。
2,3日は久しぶりに俳句モードに切り替えますicon_165  

Posted by めろ at 18:26Comments(0)NIAGARA

2010年11月27日

ナイアガラは罪作り

大滝詠一さんを始めて知ったのは1973年のこと。
三ツ矢サイダーTVCM「あなったがジンとくる時は〜〜〜」でした。
もちろんその時は大滝詠一の名前も知りませんでしたが
このCMソングは強烈に頭に残り
このCMが流れる「スター誕生!」は、このCM見たさに欠かさず見ていました。




年は変わり1974年。運命の74年です。
三ツ矢サイダーのCMは風吹ジュンさん変わりました。
そして音楽は「なんだか〜〜うまくいきそうな〜きょうは〜〜〜」
そうです!永遠の名曲「SIDER'74」に変わったのです!
これは問題なくかっこイイ!!
ビデオなんかある時代じゃあなかったので
一コマ、一音聞き逃すまいと必死こいていました。
酒屋さんのポスターにも手を汚したりしたっちゃりしました。

フォーク全盛の時代にあって、まったく違ったアプローチの曲でした。
メロディも、けだるそうなヴォーカルも、演奏も、時代とは何か違います。

ある日、明星の歌本の隅に「大滝詠一」の文字を見つけました。
「はっぴいえんど」の名前もありました。
そういえば、高一の時聞いた岡林信康さんのLPに
はっぴいえんどのクレジットがあったことを思い出しました。
(ただ思い出しただけで、別にその後なんの話の進展もありません)

それ以前に、吉田拓郎さんも「フジカラー」や「スバルREX」のCMをされていたので
ついでに「SIDER'73・'74」が載っていたんだろうとは思いますが
とにかく「大滝詠一」の名前を知ってしまったのです。

不幸の始まりです・・・・










  

Posted by めろ at 11:42Comments(4)NIAGARA

2010年11月24日

ナイアガラー

大滝詠一さんマニアのことを
ナイアガラー
といいます。
どうして「ナイアガラー」というのかは
調べてくださいface07







同じアルバムでの2枚の違いを研究する事から
ナイアガラーは始まります。
上の写真は2枚ともCDですが
微妙に違います(内容も)。

これにLPヴァージョンがいろいろ加わるものですから
もうここら辺で
まともな人は付き合いきれなくなります。
こんなのがぐじゃぐじゃあるのです。

それを乗り越えて
ナイアガラーへと成長するのです。

これからフェイントで
ちょっと違った角度から
大滝さんを取り上げます。

きっと私自身が
私自身に付き合いきれなくなるでせう。
  

Posted by めろ at 23:34Comments(5)NIAGARA

2010年11月23日

う〜〜ん、晩秋

猪肉の燻製(桜チップ100%)をいただきました。


特別うんま〜〜〜い!
これは今までの人生「うまいものベスト10」に
堂々ランクインです!
猪肉特有の匂いも無く
桜の木の香りがほんのりとしてきます。
骨をずっとしゃぶり続けていました。
(歯が少し欠けました・・・これは痛い出費・・・・)

気を取り直して、プチ山歩きをしました。


晩秋の山道



野生のさるすべり



ミニ八十八ヶ所があります。
小さな仏様が建立されています。


全部で八十八像あります(当然か?)
それぞれに寄贈された地元の方々の名前が刻まれています。



紅葉の落葉道



紅葉の子供

ここ数ヶ月俳句モード停滞気味
句帳(俳句を書き留める帳面)も
ず〜〜と白紙・・・
これだけはいかんともし難い・・・

色々な本を読んで、少し脳を活性化しなくてはなりませぬ。
  

Posted by めろ at 20:28Comments(2)宇和島