QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2010年11月13日

「古井戸」の迷走

1975年、かの名盤「酔醒」を自信を持って発表するも
予想外の不発に終わり、傷心の二人でした。
翌76年シングル盤「ローリングストーンズが鳴ってた」を発売。
これが古井戸の楽曲か??と思うほど
ニューミュージック化されたレコードでした。


編曲「大野雄二」うーん、古井戸にはちょっとね・・
当然売れませんでした。

もともと古井戸のお二人には
売れたいという考えはあまり無かったそうです。
でも出版会社を立ち上げ社員もできたら
そういう訳にもいかず
ましてや大会社「CBSソニー」と契約したもんですから
売らなければ・・という意識やプレッシャーが
知らない間に大きくなり
お二人の考え方もだんだん違ってきたと思います。

1978年5月、結果的には最後となった
オリジナルアルバム「サイド・バイ・サイド」が発表されます。



バンドの末期というか
もうバンドの体を成していません。
お二人が好きなことをしています。
音楽的にはハイレベルなアルバムですが
トータル性がありません。

「古井戸」だ、ということが念頭になかったら
とてもよくできたアルバムだと思います。
でもねぇ、あくまでも「古井戸」だから・・・
世の流れに乗ろうとしてもねぇ・・・
ちなみに、アレンジは吉川忠英氏。

私も急速に古井戸から離れていきました。

でも、このアルバムのチャボさんの作った「抱かれたあとで」は
加奈崎さんはソロとなってからも大切に唄っていらっしゃいました。

そんな加奈崎さんの
「加奈崎芳太郎 宇和島ライヴ」
来る11月20日(土)に迫ってまいりました。
宇和島市本町追手 安藤コーヒーさんで19:00からです。

来てね!!

  

Posted by めろ at 16:13Comments(2)加奈崎芳太郎