QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2010年10月30日

山下達郎さんのサインなど

山下達郎さんのマニアもやってますface07face07
山下さんを知ったのは↓


そう、このアルバム。
衝撃的でした。
ある意味この後の人生が変わりました。


「SUCER BABE」解散後ソロアルバムが↓



これにもシビレました。
論評を書けといわれれば原稿用紙30枚以上になる予感がするほど聞きました。

で、1981年、待望のライヴに行きました。
当時「ライド・オン・タイム」でブレイクはしていましたが
世間一般への浸透はいまひとつ・・・・

松山市民会館のお客様も7〜8割の入り。
でも、本当に達郎さんが好きな人たちが集まっていたと思います。
その証拠に、1曲目から総立ちなんてしなかったものface02face02
ま、最後まで誰一人としてスタンドアップもしなかったけどもface07face07face07
最後には達郎さんは今の達郎さんでは考えられないけれど、客席に入って必死にお客さんを煽っていましたが、それでもお客さんは静かでした。
私は、本来のライヴはこうあるべきだとは思います。
だって、音楽を聴きに行っているのですから。
決して、ノリを聴きに行っているのではないのですから。
よくわかったお客さん達でした。

達郎さんはこの事が心に引っかかっていたらしく、
その後盛んに「今度の松山は見ておれよ」みたいなことを冗談交じりでおっしゃっていましたが、
果たして次回のライヴは1曲目から総立ちでした。

あら〜〜〜??

私は私の感覚として、
客の通俗さに辟易したのでありました。

で、その時にいただいたサインです。


  

Posted by めろ at 23:07Comments(6)ミュージシャン