QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2013年06月09日

吉田美奈子さんライヴ 最終章

地を這うような
ドスの利いた吉田さんの地声が
決して大きくないライヴ会場を揺らします。

初めて生で聴いたハモンドオルガンの重低音が
私の体の中に入り込み、強烈に共振させます。

ちょっと感慨に浸ります・・・・
1989年発表の「DARK CRYSTAL」から歌い方が若干変化してきて
1990年発表の「gazer」で方向性がはっきりしたように感じました。
3オクターブ以上あるという声域の中音あたりを意識的に使い
声も含めたトータルとしての音楽を求めていく、
という姿勢が私には感じられました。

それまでは、吉田さんも20歳代と言う事もあり
力技で歌いきる、という感じでした。
シャウトしたり高域で勝負!という感じでした。
高域がどこまでも突っ切って、爽快感さえありました。
私はその歌い方をずっと聞いていて
その歌い方がとても好きだったので
「gazer」は少し物足りなく思ったものでした。


おっと、それはそうとして
今吉田さんは、私の約3メートル前で歌っているのです。
夢ではありません。現実です。
存在感びしびし、オーラ出まくりです。

絞り染めのラフなロングドレスに身を包み
「さあ、今夜を始めるよ。用意はいい??」
てな事を挨拶代わりに歌っています。

緊張感溢れる2曲が終りました。

(はぁ〜〜。聞きにきてよかった・・・)
早くも満足度100%です。

MCがまたチャーミング。
この4月で60歳になった話とか
「今までの吉田を期待して
来て頂いたお客さんは残念ね」とか
歌声とはまるで正反対の
ちょっと甘ったるくけだるい声で、快調なMCです。

ハードなツアーらしく、
最初は少しお疲れモードかな?
と心配していましたが
歌声もだんだん馬力を増していくところは
さすがプロフェッショナルです。
シャウトするところはシャウトし
上声のところは倍音豊かな上声です。
(若い時と同じだ・・・・・)
驚愕とともに安心しました。


聞きたかった「COCO」「千年紀の朝」
大胆なアレンジの「恋のてほどき」
初めて聞く「雨・・」「THE LIFE」
・・・・・・・

そうそう
ライヴも終盤になってのロングトーン。
これは圧巻でした。
いくらなんでももう限界だ、
と思わせながら
当然声量が落ちることも無く、ふらつく事もなく
おそらく2分以上のロングトーン。
ただただ口あんぐりでした。

若い時とまるっきり同じ張りのある高域を聞くと、
(アルバムでは意識して高域を封印していたのか)と改めて思いしらされ
加齢による高域の減少により
已むを得ず中域主体となった・・・
と思っていた私の浅はかさに深く恥じ入るのでありました。

世では「吉田美奈子は楽器だ!」と
賞賛する声多数みたいですが
「吉田美奈子、という個体だ!」
というのが私の見解です。
吉田さんは決して楽器ではありません。
そういった分類では括れません。
あくまでも「吉田美奈子」という生命体です。


アンコールの「TEMPTATION」「硝子の林檎」
の演奏が終わり、
至福の時は豊かな余韻を残し
静かに閉じたのでした。

そして、私の40年間の思いは
凝縮された一滴の水滴となり
余韻で満たされた心を永遠の波紋となって
どこまでも広がっていったのでした。



ライヴ後の吉田さんの後姿。
横の男性はドラマーの沼澤さん。



恐れ多くもツーショットで(*^_^*)



写真をブログに載せる事にも
気持ちよく了解していただきました。


サイン 







1週間経った今でも
余韻に浸りっぱなしです(^_^)v


また行くぞーーーー!!!
  

Posted by めろ at 18:47Comments(4)ミュージシャン

2013年06月03日

吉田美奈子さんライヴ?

定刻を若干過ぎて開場です。
予約は入れていましたが、実際は予約優先ではないので座席は早い者勝ちです。
(予約の意味あるの??)

それでも、前から2列目、
吉田さんが歌うスペースのまん前を確保!

店はこじんまりとして、お世辞にもきれいではありません。
むしろ小汚い感じです。
プラスチックの味気ないイスに座り開演を待ちます。

私の前及び周りは
白髪交じりのおっさんばかりです。
いかにもマニアっぽい人たちが
まんじりともせずに開演を待ち焦がれています。

後ろを見回すと
20代30代の女子達が結構いらっしゃっています。
総勢50名強というところでしょうか。
この店のキャパとしては超満員です。
私のすぐ後ろに座った知ったかぶり風のおっさんがさかんに言っています。
「去年の2倍はおる!」
10回ほど聞かされました。
少し酔っ払っているみたいなおっさんです。
本番は静かにしていてくれよ。

ここで地震や火事が起きたらどこへ逃げよう・・・・
危機管理がたえず身についている私は
とりあえず店の調理場奥のドアへ逃げ込む選択をしました。
(非常口が見当たらないので、入口以外、外へ出る手段はそこしか無いみたい・・)

開演は20:00
20:00を数分過ぎた頃、例の調理場のドアから
今回のサポートメンバーの
ハモンドオルガン奏者の河合代介氏と
ドラムの沼澤尚氏がおもむろに出てきました。
各楽器の前に座りスタンバイよっしゃです。

そしてそして、吉田美奈子さんの登場です。

くらくらしてきました。

40年間ずっと聞いてきた吉田さんが目の前を歩いているのです!
小柄とは思っていましたが
思っていた以上に小柄です。

が、マイクの前に立ったとたん
その存在感で、数倍の大きさになりました。

そして演奏が始まりました。

「TOWN」〜「LIGHT'N UP」のメドレーから
極上の夜は始まったのでした。

    つづく

  

Posted by めろ at 22:06Comments(0)ミュージシャン

2013年06月02日

吉田美奈子さんライヴ!

吉田美奈子さんライヴから帰りました!
いや〜〜、行ってよかった!!!


フェリーでゆっくり往復しました。

高浜港。おっと、今は松山観光港(^_^;)


フェリーからターナー島を望む


船の中で読書にいそしんでいる間に到着!
ちなみに読んでいた本は「舟を編む」





宇品港着!おっと、今は広島港。
その通りです。行き先は広島でした。

港からは市内電車に乗り換えです。
宇品駅は始発駅だけあって乗客は私一人(*^_^*)



でも市内に近付くにしたがって満員になりました。

18:00前にホテルに到着。

宿泊は平和大通り沿いのホテルです。



ライヴの開場は19:30.

ちょっと早いかな?と思いながらも
念のため19:00過ぎにホテル出発!

繁華街の流川を徒歩で北上。

ゆっくり歩いて10分弱で会場前に到着しました。

もうすでに15人強の人たちが、小雨の中に並んでいました。
早くホテルを出て正解!




をを、すごい親近感(笑)

私の吉田さんに対する思いは結構なものがあると
自分自身でも思っています。
もちろん理想の女性とかそういった感情ではなく
表現者としての尊敬と憧れですよ(^・^)

そんな人の歌声があと数10分後には聞けるのです。

緊張と期待感と
聞き始めてからの40年間の思いと
その思いが数10分後に達成できるあっけなさとが
微妙にクロスして複雑な気持ちの梅雨寒の雨の中でした。



そうこうしている間に行列は30人を越えました。

さあ、開場です。

      つづく
  

Posted by めろ at 20:49Comments(0)ミュージシャン

2013年06月01日

ライヴに行ってきます!

それはそうと
ライヴに行ってきます!

県外です。
海を渡って行きます。

20歳の頃からずっと聞いている
「吉田美奈子」さんのライヴです。

動いている吉田さんを生で見るのは初体験です。
涙がどぼどぼ出るかな?
それとも言葉も出ないかな?

とにかく行ってきます!


今朝の散歩で
道に落ちていたもの。

桑の実



ジューンドロップ



毛虫



落し文



ご近所の犬「くー」の寝癖




今日も平和平和
  

Posted by めろ at 08:45Comments(2)ミュージシャン

2012年07月28日

奇遇

いや〜〜!奇遇ですな。

「帆織 燦」(ホーリーサン)に偶然出会いました。
宇宙人ではありません。
れっきとした純国産、日本人です。

帆織 燦」(ホーリーサン)は新進気鋭を
とっくに超越しているミュージシャンです。
歳のころはそのくらいです。
みなさんの想像の範囲くらいです。

ヘンな時間にヘンな所で出くわさなくて
お互いほっとした顔をしたような気がしました。

久しぶりだったので
8時間ほど立話をしました。
立ち続けていると膝が笑い出すので
(顔はこわばり出すので)
8時間で許してあげました。
お互いシャイなので
沈黙の時間が9割5分程度ありました。

で、帰り際 ↓ 手渡されました。



スリが仲間に手渡すような仕草で手渡されました。

彼の4枚目のCDです。

帆llydays」(ほりでぃず)
いよ!待ってました



哀愁漂う詞に、
さらっと歌っているようで
実はお経のように深い声がオーヴァーダヴします。

と思います。
スイマセン、まだ聞いてません。

帰り際、「ヘッドフォンで聞くよ!」と言ったのは
私の最上級の敬意の表れなのです。
宅録をしていたらよくおわかりでしょうが
ヘッドフォンは恐いくらい信用できるのです。
B&WよりもJBLよりもYAMAHAよりもヘッドフォンなのです。

よーし!気合入れて聞くぞ!





蚕豆(そらまめ)やウッドベースのソロパート     大塚めろ
画 キムチャンヒ(イラストレーター&編集長)
書 コンジュン(書家)


  

Posted by めろ at 00:04Comments(2)ミュージシャン