QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
めろ

2016年12月30日

小晦日

12月31日は大晦日ですが、12月30日はなんというでしょう?
ブーー、違います。ブブーー、それも違います。
答えは「小晦日」。しょうみそかではありません。「こつごもり」と読みます。
こんなことば、俳句をしなければ永遠に知らなかったでしょう。
日本語は豊かです。

こつごもりのご近所を歩いていると
郵便局の花壇に蝋梅が咲いていました。




木蓮の芽も大きくなっていました。



風は冷たいけれど日差しがあって過ごしやすい一日でした。

我家の水仙



去年の12月30日に庭に出ていた土筆



今年もいろいろありましたが、元気で大晦日を迎えることが出来ました。
ありがたやありがたや。

来年も良い年でありますように。

   手品師のネタ本拾う大晦日  めろ

  

Posted by めろ at 17:17Comments(0)日記

2016年12月20日

句集

句集とは俳句だけの本。
1ページに多くて3句。
1ページに1句のみで二百数ページを突っ走る句集だってごろごろあります。
世界で1番贅沢で空白のある本です。(ある意味究極の無駄かも)

私には、あるコンテストで大賞を頂き
その御褒美で作って頂いた句集しかありませんが
俳句仲間はいろいろな句集を作っていらっしゃいます。

そんな我家の本棚を見ていると、あることを発見しました。

谷さやん「逢ひに行く」


宗左近俳句大賞を受賞した句集です。


杉山久子「鳥と歩く」


杉山さんは、第三句集「泉」で
今年の9月「第1回姨捨俳句大賞を受賞されました。ぱちぱち

杉山久子「行かねばなるまい」
(これは四国八十八箇所旅日記です)





で、なにを発見したかと言うと・・・・・
じゃ~~~ん




本棚風に並べ替えると
">「逢ひに行く行かねばなるまい鳥と歩く」
無季ではありますがちゃんと俳句になるのであります。

さすが俳人!
いろいろ楽しませてくれます。




  

Posted by めろ at 20:29Comments(2)日記

2016年12月18日

初霜、初雪

今年の冬の我家の初霜は11月26日でした。






そして初雪は12月16日





今朝はめだかの水槽に薄く氷が張っていました。





夜顔の種の上に残る霜





急激に寒くなったりちょっと暖かくなったり
体調管理が大変です。

今年の冬も元気で乗り越えましょう!
  

Posted by めろ at 20:01Comments(0)日記

2016年11月06日

秋の蜥蜴

ずいぶん涼しくなり、メダカも餌を食べなくなりました。
といえ、昼間は小春日和です。
メダカに餌をやっていると水槽の中で動く影が・・・・




んん・・・・??  蜥蜴です。カナヘビです。




この時期は穴の中で冬眠の予行練習でうつらうつらしているはず。
あまりの陽気で小腹が空いたのですか?
眠気眼のため間違って落ちた、と言っています。

引き上げてやりました。





変温動物なので、あのままでは死亡したでしょう。
助け出しても体が冷えて動けないため
3時間ほど日向ぼっこをして体を温めていました。
無事に冬を乗り切れよ。

   キタテハ


  

Posted by めろ at 08:52Comments(0)日記

2016年11月03日

晩秋

季節は晩秋。
今日あたり各地は祭りでいかにも秋らしい気候でしたが
来週11/7は「立冬」。
そう、暦の上では冬です。
北国からは冠雪の便りも届いています。
そういえば、風が冷たくなっています。

     蔦紅葉



歳時記を「冬」に入れ替えなくてはいけません。

     今夜の月



最近ちょっと俳句に心が向いていないので
そろそろ俳句モードを思い出さなくては、と思っています。

     朝露



昨日締切りの「松山俳句ポスト365」というサイトに
投句を忘れてしまいました。
このサイトが立ち上がって初めての投句忘れです。
ちょっと落ち込んでいます。
最近物忘れがちょっとばかりひどい・・・・・
ちょっと無気力無感動。
ま、こういうときもあるさ。

  暮の秋ここらでココロ入れ替えます
  

Posted by めろ at 20:49Comments(0)日記